社会

「デマ」とつきあうために(その2)

前回の記事に応答がありました。 前エントリに関連して。応答と補足 - mitsu_bcの日記 「人格と言論とは分離すべきである」などと「べき論」を繰り返して、表現をソフトにする程度の配慮もしないことは、言論に親しまない人にとってあまりに不親切であり、ま…

「デマ」とつきあうために

ブックマークに返事があったので。 大事なのは「デマ」をなくすことでしょう? - mitsu_bcの日記 うーん、これも動機はわかるけど、、、という話だと思うのですが。。。簡単にコメントしようと思って下書きしていたら、意外と長い話になってしまったのでエン…

お詫び & 「歴史認識を持とう」について

9月半ばから時間がとれると言ってましたが仕事終わらないので9月末まで無理です。。。さて、金子洋一氏に投票した件(2) のコメントで「sadamasato さんのコメントにある論点の一部については後ほどエントリの追記の形でコメントさせていただきます」としてい…

金子洋一氏に投票した件(2)

色々流れをぶった切って悪いのですが、前回のエントリ(金子洋一氏に投票した件)を書いた理由や、僕が何を前提に判断し、行動しているか、というあたりを明示しておこうと思います。流れに沿った部分(コメントの返事とか)は、また後ほど対応したいと思います…

金子洋一氏に投票した件

まず、僕は先日の参院選で「リフレ派として金子洋一氏に投票した」ということを公言していました。ところが最近金子氏が不穏なツイートをしたせいか、リフレ派そのものにも非難が。応答責任をあまり果たせない状況ですので、黙っていようかとも思ったのです…

高木徹『ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争』

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)作者: 高木徹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2005/06/15メディア: 文庫購入: 28人 クリック: 241回この商品を含むブログ (167件) を見るもっとセンセーショナルないかがわしい感じの本か…

リフレはインフレを起こすことが目的ではない

はてブで id:perfectspell さんとリフレ政策についてやりとりがあったので、まとめつつ続きを。2008年に物価が上がったけど、景気は上向かなかったけど、リフレってホントに効くの? という話から。 perfectspell "インフレだとお金を使いたくなる"は実需あっ…

間違った時の作法

以下は確立された作法というわけではなく、個人的にこうあって欲しいというものです。 再編集可能なコンテンツの場合 一般的なWebサイトやブログなど、内容を後から修正できるメディアの場合、間違いがあったこと、どこが間違っていたか、が分かるように修正…

なぜ YouTube はセーフで Winny はアウトなのか

先日の朝まで生テレビで日本では新興ITビジネスの芽が出ないという文脈で「アメリカでは YouTube はセーフで、日本では Winny はアウト、それが問題」というような話が出たらしい。番組は見ていなくて発言や文脈の詳細はわからないのだが、ネットに書き込ま…

畝山智香子『ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想』

ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)作者: 畝山智香子出版社/メーカー: 化学同人発売日: 2009/11/30メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 167人 クリック: 2,650回この商品を含むブログ (34件) を見るこれはよい本。もっと…

騙されたくない人たち (2008年夏コミVer.)

[このエントリは2008年の夏コミで販売した同人誌『ソシオクリティーク ナツカレ2008』(リンク先はSynodosの通販サイト)に寄稿した文章です。タイトルからお気づきの人もいるかと思いますがこれは2005年にこのブログに書いた「騙されたくない人たち」を改稿・…

太郎丸博『若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化』

若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)作者: 太郎丸博出版社/メーカー: 大阪大学出版会発売日: 2009/06/04メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 クリック: 36回この商品を含むブログ (12件) を見る難しい…

twitter のハッシュタグ衝突問題とサイバーカスケードの制御可能性

週末 twitter で二つの大企業を巻き込んだ騒動が起こった。ここでは au2009 問題と呼ぶことにしよう。一言で言うと二つの企業が twitter 上でのプロモーション用に使ったハッシュタグ(つぶやきに含めると検索キーにできる特定の書式のキーワード)が衝突した…

はてな義援金でフィリピンの台風16号被害の義援金、、、(追記あり9/30)

の募集はまだありません。。。 → 09:27+09:00">(10/1追記) 始まりました!!:フィリピン台風被害救援金の受付について - はてな義援金窓口 とりあえず要望出しといた。ここでよかったのかな? FAQ・お問い合わせ はてなダイアリーについて - はてな もっと大…

土井敏邦『ガザの悲劇は終わっていない―パレスチナ・イスラエル社会に残した傷痕』

ガザの悲劇は終わっていない―パレスチナ・イスラエル社会に残した傷痕 (岩波ブックレット)作者: 土井敏邦出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/07/07メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (3件) を見るインタビューを淡々と繋げた本。イス…

飯田泰之、雨宮処凛『脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる』

脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる作者: 飯田泰之,雨宮処凛出版社/メーカー: 自由国民社発売日: 2009/08/21メディア: 単行本購入: 36人 クリック: 532回この商品を含むブログ (68件) を見るあいかわらず飯田さんの話はわかりやすくてすばらしい。年2%の持…

自衛隊と自殺率

ちょっと色々余裕がないので簡単に。 「自衛隊は自殺が多い」は本当か? 自衛隊の自殺とメンタルヘルス1 - リアリズムと防衛を学ぶ 統計的な話については、人口構成比をそろえないととか、病気で除隊した人がカウントされないとか、そもそも入隊時の身体検…

Re:気圧計で殴らなければ絶対に真理には到達できない理由

気圧計で殴らなければ絶対に真理には到達できない理由 - よしこ画伯の茹で写真 - gahakuグループ よしこ画伯のブクマコメントを見た時、なかなかいいセンを行っているが惜しい、と思った。僕のブクマコメントには既にシグルイネタが書いてあって十分な余白が…

ラインを超えて

先日JR品川駅で見た横断幕。i18n のことですか!? と思ったらそんなわけなくて入国管理局のスローガンらしい。仕事の途中だったのでよくわからないまま通過したのだけど、仕事帰りに反対側を見ると(写真撮れなかった)不法就労外国人対策キャンペーンとか書い…

梅田望夫に社会運動を語るなとガツンと申し上げたい

# タイトルは釣り、、、かも。梅田望夫氏とひがやすを氏がモメている。 梅田望夫にオープンソースを語るなとガツンと申し上げたい - ひがやすを blog ひが氏は梅田氏が「日本にオープンソースを育む土壌がない」と言っているとしているが、これは誤読だろう…

統計、特に犯罪統計の扱いについて

『レイプレイ』事件について - 児童小銃のコメント欄で、諸外国の強姦発生件数を比較して児童ポルノ規制が厳しい国ほど強姦が多いとの主張があります。 なまえ 2009/06/04 14:56 強姦の数の統計は意味はあるだろ常識的に考えて。 ただでさえ「主観によるいち…

『レイプレイ』事件について

国際的な人権団体 Equality Now が日本製アダルトゲームの発売中止を求める運動を始めたことがニュースになった。最初に見た読売新聞の報道ではメーカーやタイトルが書いてなかったのだが、Equality Now の声明文には具体的に書いてあって、問題のゲームはイ…

赤川学『子どもが減って何が悪いか!』

子どもが減って何が悪いか! (ちくま新書)作者: 赤川学出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2004/12メディア: 新書購入: 3人 クリック: 65回この商品を含むブログ (103件) を見る少子化問題に関する議論が恣意的なデータの扱いで歪められていることを指摘し、改…

スチュワート・L・ユードル『八月の神話―原子力と冷戦がアメリカにもたらした悲劇』

八月の神話―原子力と冷戦がアメリカにもたらした悲劇作者: スチュワート・L ユードル,Stewart L. Udall,紅葉誠一出版社/メーカー: 時事通信社発売日: 1995/07メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (2件) を見る常石敬一氏のブログで…

「「日本の未来が見える村」長野県下條村、出生率「2.04」の必然:日経ビジネスオンライン」について

ブクマコメントで結構キツいこと書いて反応もあったので改めて。元記事はこれ。 日本の未来が見える村:日経ビジネスオンライン 僕のブクマコメント: rna [これはひどい][media] 「リーズナブルな価格に引かれて、若い夫婦が数多く移り住んできた」子供生む…

P・スタインホフ『死へのイデオロギー―日本赤軍派―』

死へのイデオロギー―日本赤軍派― (岩波現代文庫―社会)作者: P・スタインホフ,木村由美子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2003/10/17メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 52回この商品を含むブログ (22件) を見る約330ページある本文の最初の40ページくらい…

中嶋聡『ブルマーはなぜ消えたのか―セクハラと心の傷の文化を問う』

ブルマーはなぜ消えたのか―セクハラと心の傷の文化を問う作者: 中嶋聡出版社/メーカー: 春風社発売日: 2007/03/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 46回この商品を含むブログ (18件) を見る著者が自分のサイトで一部公開していた時に バックラッシュ2.0:…

ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎』

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎作者: ジャレドダイアモンド,倉骨彰出版社/メーカー: 草思社発売日: 2000/10/02メディア: 単行本購入: 60人 クリック: 1,069回この商品を含むブログ (373件) を見る地理的な初期条件の違いで世界の歴史を…

飯田泰之『経済学思考の技術 ― 論理・経済理論・データを使って考える』

経済学思考の技術 ― 論理・経済理論・データを使って考える作者: 飯田泰之出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2003/12/11メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 12人 クリック: 183回この商品を含むブログ (84件) を見るビジネス書・自己啓発書の皮を…

荻上チキ『ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性』

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)作者: 荻上チキ出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2007/10/01メディア: 新書購入: 18人 クリック: 298回この商品を含むブログ (169件) を見る一言で言うとウェブの「力学」を学ぶためのガイドブック。「炎…