「再犯率」より「再犯者率」が重要になる場合

以下まだ直しが入る可能性があるので引用はなるべく避けて下さい

ここ数日「再犯率」「再犯者率」の違いに拘ってきましたが、単純に混同するのが間違いというのは別にして、なぜ「再犯率」に拘るのかを確認。

というのは、条件次第では「再犯率」はどうでもよくて「再犯者率」の高い罪種をターゲットにして再犯防止策を打つのが犯罪を減らすのに効果的、ということがあり得るからです。

再犯率」が関係ない場合

今ここに犯罪者個人に対して何かするという類の再犯防止策があり、これが罪種によらず一定の率で再犯率を低下させる(この率を以下では再犯抑止効果と呼びます)と仮定します。この防止策にはそれなりのコストがかかり、全ての犯罪者に適用するのは無理なので、適用対象を絞り込まなければならないとします。

絞り込む方法は色々あり得ますが、何かの事情があって、社会に対する危険度が同じくらいの何種類かの罪種の中から一つを選ばなければいけないとします。この場合「再犯者率」が一番高い罪種を選ぶのが一番効果的な(コストパフォーマンスが良い)選択になります。「再犯率」はここでは全く関係してきません。

この条件では犯罪減少率は再犯率と関係なく再犯者率に比例します(はずです…補遺参照)。例えば100%確実な再犯抑止効果がある(再犯率が 0 になる)なら再犯者数はゼロになり、犯罪を「再犯者率」の分だけ減少させます(初犯者数は毎年一定で再犯防止策の影響を受けないと仮定)。「再犯者率」50% なら対策後は犯罪が半減することになります。

(macska さんのコメントを受けて追記) 犯罪白書などで再犯の問題をなぜか再犯者率を見て検討している(平成14年版の特集など)ことがあるのは何故だろうと思って考えてみたのがこれです。この話はことさらミーガン法を支持する材料にはならないというのは同意します。再犯者率についても性犯罪が特別高いということはなさそうですし、ミーガン法の一般告知という再犯防止策自体の効果が怪しいので。もっとも、「凶悪犯罪(殺人、強盗、強姦、傷害)」の中では強姦は再犯者率が高い(傷害の方が多いけど、程度の重い傷害致死は低い)というのはあります。9% 程度で絶対値は低いけど。今問題になっている強制わいせつ→強姦みたいなコンボをカウントしたらもっと上がりそうではありますが。

ではなぜ「再犯率」が大事なのか

上の考察は色々仮定があるので現実的にどうかは微妙なのですが、効果的に犯罪を減少させることだけ考えればよいという立場に立つなら「再犯者率」だけ見ればよいということは有り得る、ということは言えそうです。

ではなぜミーガン法の議論において「再犯率」が出てくるのかというと、ミーガン法の場合は再犯防止策そのものに問題があるからです。ある犯罪の「再犯率」が高いということは、その犯罪の前歴のある人は犯罪を犯す危険性が高い、要注意人物ということです(そういう考え方自体問題はあるけどそれはひとまずおく)。「再犯率」が低ければそういう疑いは不当であり、何かと弊害も多い一般告知の対象にすることは正当化できません。疑うに足る十分な根拠として「再犯率」の高さが問題にされるわけです。

犯罪を減らすというだけならコストパフォーマンスに関わるのは「再犯者率」だけということがあり得ますが、その場合でも前歴の一般告知という再犯防止策に伴う社会的コストを計算に入れると「再犯率」を考慮する必要がある、ということです。

逆に言えば市民の安全こそが第一で加害者の人権を軽く見る立場に立てば「再犯率」はあまり関係なくて「再犯者率」こそが重要ということになるのかも。うーん。。。

今後マスコミが(両者の混同はまず解消するとして)どちらを使って議論するのか気になります。

補遺: 再犯者率と犯罪減少率の関係

素人計算なのでいまいち自信なし。変なところがあったらご指摘下さい。アイデアの一部はある方から頂いたメールを参考にしました。感謝。

未犯者が一定期間に犯罪を犯す確率(初犯率): v
既犯者が一定期間に犯罪を犯す確率(再犯率): w

全人口: P
全人口のうち既犯者の占める比率: p

犯罪数: P(1-p)v + Ppw
再犯者率: x = Ppw / (P(1-p)v + Ppw)
初犯者率: 1 - x = P(1-p)v / (P(1-p)v + Ppw)

上の条件で再犯防止対策をとる場合を考える。

再犯抑止効果: e (対策によって w が we になるとする)

対策時の再犯数: Ppwe
対策時の犯罪数: P(1-p)v + Ppwe

犯罪減少率 = (対策前の犯罪数 - 対策後の犯罪数) / 対策前の犯罪数
           = 1 - 対策後の犯罪数 / 対策前の犯罪数
           = 1 - (P(1-p)v + Ppwe) / (P(1-p)v + Ppw)
	   = 1 - ((1 - x) + xe)
           = 1 - 1 + x - xe
	   = (1 - e)x

よって犯罪減少率は再犯率と関係なく再犯者率に比例する


疲れた

風邪の後遺症が酷くて息が絶え絶え。深く息をすると胸が痛くなって痰がからみだしてせき込む。そのせいでちょっと遠くまで歩いたりすると呼吸困難になって立ち止まって途中でどこかによりかかって休まないと先に進めなくなる。あと、胸を張っているとその傾向が強いので背中を丸めてないと息が苦しい。寝るときもまっすぐ寝ると苦しいので枕を高くして状態を少し起こさないと辛い。明日もこんな感じだったら病院行った方がいいかな。。。

という体調のこともあるけど、それより「再犯率」問題、色々見たり考えなおしたりしたら、なんかぐだぐだになってることに気付いて疲れた。

  • そもそも「再犯者率」を間違って「再犯率」と言っている(再犯率41%とか)
  • その「再犯者率」自体も同一罪種の再犯以外を含んだ大きすぎる数字(強制わいせつの再犯者率は41%だが、同一罪種の再犯に限ると11.5%)
  • しかし同一罪種の再犯に限ってしまうと今度は複数ある性犯罪をまたがった形の再犯がカウントされなくなる(強制わいせつ→強姦のコンボとか)のでまた数字が違ってくる。
  • 他の罪種のそれと比較せずに数字の大きさの印象だけで議論している。

と、四つ間違いがある、のではなくて、この四つが組み合わせになって間違ってるので無茶苦茶なことになっている。どれか一つでも間違っていると、本来議論すべき「性犯罪に限った」「再犯率」の評価及び「他の罪種との比較」というものにかすりもしない数字ばかり議論することになる。報道も酷いけど、梅太郎さんや macska さんや僕のブログを見た人のブログにしても、どこかに間違いが残った形の数字を出してしまっていて、(数字に関しては)正しい議論ができていないものが散見される。正しい数字は(たぶん)誰も知らない、よって数字をベースにした議論は実は誰にもできない、ということをまず確認したい。

macska さんや僕が使った保護観察期間中の再処分率は数字の性質としては「再犯率」に近いもののはずだけど、母集団が特殊なのであくまで参考程度。それにこれも再犯を同一罪種(あるいは性犯罪)に限ってないのでこれの比較もあまりあてにならない*1

「報道から受ける印象のような明らかな傾向を示すデータはない」とは言えるが、そういう傾向が「ない」とは言えない状況。命題を肯定する根拠として挙げられたものは否定できるけど、命題そのものを否定する根拠があるわけではない。要するに(数字に関しては)議論は振り出しに戻している(世論ということで言えばまだ戻そうとしている段階)だけで、実はほとんど前に進んでいない。違う道に連れて行かれるのを逃れただけだ。疲れる。

ちゃんとした数字が出てくれば(戻るプロセスもすっとばして)一気に前に進むはずなんだから、ここは黙って待つべきなのだろう。でもそれが理解されず待ってくれない人たちが勝手に話を進めてしまってぐだぐだになりそうで怖い。ていうか僕も結果的にぐだぐだに荷担してしまってるので気が重い。まあ僕が黙っていても誰も待ってくれないしやっぱりぐだぐだになるだろうけど。。。


*1:macska さんは「性犯罪の再犯率が他の犯罪に飛び抜けて高いかどうかを判断する程度は可能であると思われる」としているけど絶対ではない。「高いことを示唆するものはない」程度かと。